ニュース

ニュース [学科のアクティビティ]

森川・成末研究室 小渕大輔さん(博士課程1年) が、「電子情報通信学会・超知性ネットワーキングに関する分野横断型研究会」において優秀インタラクティブ発表賞を受賞しました。
2021.11.17

森川・成末研究室 小渕大輔さん(博士課程1年) が、「電子情報通信学会・超知性ネットワーキングに関する分野横断型研究会」において優秀インタラクティブ発表賞を受賞しました。

<受賞した賞の名称と簡単な説明>
電子情報通信学会 超知性ネットワーキングに関する分野横断型研究会(RISING2021)優秀インタラクティブ発表賞

<受賞された研究・活動について>
論文タイトル:磁界結合型無線電力伝送における漏洩磁界低減型送受電コイル自動設計の検討

磁界結合型無線電力伝送技術の実用化に向けて、漏洩磁界低減と高効率給電の両立は重要な課題です。本研究では、送受電器コイル同士で漏洩磁界を相殺しつつ高い伝送効率を実現可能な送受電器コイル自動設計手法を提案しました。

<今後の抱負・感想>
この度は光栄な賞をいただき大変嬉しいです。漏洩磁界は、無線電力伝送が今後普及する際に大きな問題となりうるので、その解決策の一つとして今回の自動設計手法が使用されるように研究を頑張っていきたいです。

ニューストップに戻る

MENU