EEIC 東京大学工学部 電子情報工学科・電気電子工学科

物理を究め、情報社会に変革を。

情報を究め、物理世界に変容を。

私たちは、「物理」というリアルな世界と、
「情報」という抽象化された世界を行き来しながら、これらを巧みに操ることで繁栄を続けてきました。

言語の発明から現代に至るまで、情報の抽象化を通して物理を操ることは、凄まじい力を持って私たちの社会を変えてきました。

「情報」を操るには「物理」が必要であり、「物理」に向き合えば「情報」の新しい使い方が見えてきます。物理と情報。ハードとソフト。原理と応用。実空間とサイバー空間。どちらか片方では不十分であり、その双方を俯瞰し、行き来できる力が、いま求められています。

電子情報工学科・電気電子工学科では、そんな人材を育てています。

電子情報工学科・電気電子工学科(EEIC)

Department of Electrical and Electronic Engineering, Department of Information and Communication Engineering

EEICは、電気電子工学科を表すEE (Electrical and Electronic Engineering)と、電子情報工学科を表すIC (Information and Communication Engineering)から構成されています。

両者はまったく異なる分野を学ぶわけではなく、あくまで以下のどちらの領域を重点的に学ぶかで選択します。

どちらの学科も、物理と情報・ハードとソフト・原理と応用のどちらもを俯瞰できるような人材に育てるようにカリキュラムを組んでいます。

両者の違い

電子情報工学科は主に情報系、電気電子工学科は主に物理系の科学と技術に関心のある人にお勧めです。どちらを選んでも両方を深く学ぶことができるようになっていますし、どちらか一方だけに専念することもできます。いずれにしても、これまでの苦手意識は忘れてください。社会では何が必要とされているのかというゴールを見据えながら、それに直結した学問をあらためて基礎から習得していくことができるようになっています。

「メディア情報・コンテンツ・人間」「コンピュータ・ネットワーク」などへの関心が強ければ電子情報工学科が、「ナノ物理・光量子・バイオ」「エネルギー・環境・宇宙」などへの関心が強ければ電気電子工学科がお勧めです。さらに「システム・エレクトロニクス」分野へはいずれからもアプローチできます。

EEICで学べること

電子情報工学・電気電子工学は、ナノから宇宙のスケールまで、途切れなく繋がっている学問です。

EEICでは、現代技術の中枢を担うこれらの技術を体系的に学び、最先端の応用へと展開していく力を養うことをめざしていきます。皆さんは、広い視野をもって多彩な分野について学びつつ、特定の分野について深く掘り下げていくことになるでしょう。

すべての教員と研究を見る

EEICでの学び方

電子情報工学科・電気電子工学科の 2 学科では、現代技術の中枢を担う情報・電気・電子の技術を体系的に学び、最先端の応用へと展開していく学力と知識を養うことをめざしていきます。EEICには、情報と物理の基礎から専門分野に至るまでのカリキュラムが存在し、学生はその中で自分にあったテーマを選択していきます。

また、皆さんが電気系の研究をするための、豊富な設備と豊かな教員・仲間たちがEEICには備わっています。

進路・就職先

EEICの学部・修士の学生は、多種多様な企業や機関に就職しています。

卒業生の進路

電気系主任挨拶

物理を極め、情報社会に変革を。情報を極め、物理世界に変容を。電気系工学専攻・電子情報工学科・電気電子工学科は、物理的側面と数理的側面の融合を掲げ、現代社会を担う科学技術の基礎から最先端テクノロジーまで社会の幅広い分野で、産業の興隆のみならず文化の伝承や創造に大きく貢献してきました。

本専攻・学科は大学としては世界初の電気系専門の学科として1873年に誕生しました。歴史と伝統を受け継ぎつつ、自らを常に変革しながら、次の時代を切り開く新しい概念や先端技術を生み出してきました。現在もまさに変革の時代です。新型コロナウィルスのCOVID-19の感染拡大が社会・経済・産業に多大な影響を与えています。オンライン講義,テレワーク、遠隔医療・診断、オープンデータをはじめてとして、本専攻・学科の電気・電子・情報技術がコロナ禍の厳しい状況の中で、社会や経済に貢献しています。

感染症拡大がようやく終息しつつあり、大学でも対面での授業が戻ってきました。しかし私たちの社会はビフォア・コロナの、毎日満員電車に乗って通勤・通学するような生活に戻ることはないでしょう。コロナ禍では対面の会合や移動が制限されたため、電気・電子・情報技術を活用したオンラインのコミュニケーションが急速に普及しました。オンラインの良さを理解した半面、その限界も明らかになりました。対面でしか得られない深い信頼関係や連携・協力、偶発的な人との出会いから生まれる新しいアイデアやイノベーション。

災い転じて福となす、ではないですが、コロナ禍で学んだ経験を活かし、アフター・コロナの時代にリアルとオンラインを組み合わせた新しい社会を電気・電子・情報技術を駆使して創造するのが私たちの使命です。IoT(Internet of Things)、モノのインターネットと言われるように、社会の至る所に張り巡らされたネットワークを通じて、人だけでなく様々なリアルなモノがコミュニケーションするようになります。リアルとネットが融合する新しい時代に、固定概念にとらわれず、人の生活や顧客に寄り添いながら課題を見出し、他の分野のパートナーとの連携を通じて価値を創出する。社会・産業・生活の変革に貢献し、新たな歴史を刻んでいきましょう。

また現在はAIのみならず量子情報処理など新しいアルゴリズムを駆使したIT技術が急速に進化しています。こういった新しいITの世界では、GAFAなど産業界でもユーザーが利用するソフトウェアから、アルゴリズムを実行する半導体集積回路まで手掛けるなど、ハードとソフトの融合が重要になっています。まさに物理を極め情報社会に変革する、情報を極め物理世界に変容することが求められる時代です。本専攻・学科が真価を発揮する飛躍期はこれからです。ぜひ一緒に未来を創り上げていきましょう。

東京大学大学院工学系研究科電気系主任
竹内 健教授