東京大学工学部 - 電子情報工学科・電気電子工学科

ニュース

ナノ物理デバイスラボ・田中大矢研究室のレデゥックアイン助教、ファムナムハイ客員准教授、田中雅明教授による「スピン状態によって大きなエネルギー差が自発的に生ずるエネルギー帯構造を観測」した研究成果が、Nature Communicationsに掲載されました。
2016.12.29

ナノ物理デバイスラボ・田中大矢研究室のレデゥックアイン助教、ファムナムハイ客員准教授、田中雅明教授による「スピン状態によって大きなエネルギー差が自発的に生ずるエネルギー帯構造を観測」した研究成果が、Nature Communicationsに掲載されました。
Le Duc Anh, Pham Nam Hai and Masaaki Tanaka “Observation of spontaneous spin-splitting in the band structure of an n-type zinc-blende ferromagnetic semiconductor” Nature Communications 7, 13810 (2016).
http://www.nature.com/articles/ncomms13810
https://dx.doi.org/10.1038/ncomms13810

ニューストップに戻る

  • 進学ガイダンスブック
  • 発行物
  • 関連の大学院・研究所
  • 同窓会のあるきかた
  • 電気系事務室

+  Follow Us

過去のニュース