ニュース

ニュース [学科のアクティビティ]

川原研究室の鳴海紘也さん(博士3年)が、第27回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2019)において、最優秀論文賞(全論文(16件)の中で1件)を受賞しました。
2019.10.10

川原研究室の鳴海紘也、Fang Qin、Siyuan Liu、Huai-Yu Cheng、Jianzhe Gu、川原 圭博、Mohammad Islam、Lining Yaoらが、第27回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2019)において、「Self-healing UI: 機械的かつ電気的に自己修復するセンシングインタフェース」という題目で発表し、最優秀論文賞(全論文(16件)の中で1件)を受賞しました。

<受賞者>
鳴海 紘也: 情報理工学系研究科 電子情報学専攻 川原研究室 博士3年
Fang Qin: Master course student, Electrical and Computing Engineering, Carnegie Mellon University
Siyuan Liu: Ph.D. student, Materials Science and Engineering, Carnegie Mellon University
Huai-Yu Cheng: Ph.D. student, Materials Science and Engineering, Carnegie Mellon University
Jianzhe Gu: Ph.D. student, Human-Computer Interaction Institute, Carnegie Mellon University
川原 圭博: 工学系研究科 電気系工学専攻 川原研究室 教授
Mohammad Islam: Professor, Materials Science and Engineering, Carnegie Mellon University
Lining Yao: Assistant Professor, Human-Computer Interaction Institute, Carnegie Mellon University

<受賞された研究・活動について>
近年物質科学やロボティクスの分野で注目を集めるポリマーの自己修復機能を日常のインタフェースに付与することを目的として、Self-healing UIを提案した。これは、切断しても断面を接触させておくだけで自律的に機械的強度を回復できる自己修復エラストマPolyborosiloxane (PBS)を利用した柔らかいインタフェースである。また、導体として多層カーボンナノチューブ (Multi-Walled Carbon Nanotubes, MWCNTs)を分散させて複合素材 (MWCNTs-PBS)とすることで、機械的な故障と電気的な故障の両方を修復できる。この研究では、自己修復素材を用いたインタフェースを作製する際に必要な素材の要件やファブリケーション手法を提示した。さらに自己修復素材が可能とする形状変化インタフェースのデザインスペースを考察し、対応するアプリケーション例を示した。

<今後の抱負・感想>
コラボレーション作業はいつも大変ですが、その分面白い発表ができていいことだと思います。

<リンク>
https://www.wiss.org/WISS2019/award

ニューストップに戻る

MENU