東京大学工学部 - 電子情報工学科・電気電子工学科

  • 進学ガイダンスブック
  • 発行物
  • 関連の大学院・研究所
  • 同窓会のあるきかた
  • 電気系事務室

+  Follow Us

ナノ物理・デバイス

あらゆる電子機器を動かしているのは半導体集積回路です。その技術の発展は、MOSFETと呼ばれるシリコンでできたトランジスタの微細化により実現されてきました。しかし現在、微細化による性能向上は壁に直面していています。私たちはこの壁を打破するため、まったく新しい形のトランジスタの開発や、シリコン以外の新材料の導入など、従来技術の延長ではない革命的な進歩を半導体素子にもたらすべく精力的に研究を進めています。

例えば、材料技術により電子や正孔の移動速度を飛躍的に高めた超高速トランジスタの開発、電子の電荷のみならず電子のスピンを識別できるデバイスの開発、さらには半導体デバイス技術と生体分子との融合をはかるバイオエレクトロニクス、等々。これらは半導体エレクトロニクスの新次元とも呼べるものです。こうした研究に不可欠なのが、ナノメータスケールの材料とデバイスの作製を可能にするナノサイエンスとナノテクノロジーです。わが国のお家芸ともいえるほどに発展してきたシリコンの微細加工技術に加えて、化合物半導体や酸化物、有機材料までを一貫して扱うことのできるデバイス作製技術と、ナノ粒子やナノチューブ、DNA など微細構造体の自己組織化現象を巧みに組み合わせた異種材料融合ナノ構造形成プロセスを開発。世界最高水準のクリーンルームをフル活用して研究を行っています。

このような研究は、応用目的一辺倒の研究姿勢では限界があります。私たちは科学者として、広い視野をもち純粋な知的好奇心に根ざした探索的なサイエンスの研究も大切にしており、理学部にも負けない水準を持っています。固体物理や材料科学の深い理解に基づく既成概念にとらわれない柔軟な思考が、思いもしないブレイクスルーを生み出すでしょう。従来のシリコン集積回路を超える次の技術。その研究分野はまさに革命前夜の様相であり、若い皆さんが国際的に活躍できる大きなチャンスがあります。私たちとともにチャレンジしてみませんか?



教授 高木信一
Shinichi TAKAGI

デバイス・物性分野の研究では、自然との対話を大いに楽しむことができます。

教授 田畑 仁
教授 田畑 仁
Hitoshi TABATA

理由は要らない。“面白そう” からはじめよう。好奇心が旺盛で、根あか人間、来たれ。


教授 田中雅明
Masaaki TANAKA

二度とない若い時代です。何かを創造することに全力で打ち込みましょう。

教授 染谷 隆夫
Takao SOMEYA

フレキシブル大面積デバイスによって未来のエレクトロニクスを切り拓きたい。


准教授 杉山正和
准教授 杉山 正和
Masakazu SUGIYAMA

半導体技術を発展させ、太陽光から燃料をつくる技術にチャレンジしています。

准教授 竹中 充
准教授 竹中 充
Mitsuru TAKENAKA

デバイスには未知の物理が溢れています。自ら新理論を発見して、21世紀のファラデーを目指そう!


准教授 大矢 忍
准教授 大矢 忍
Shinobu Ohya

まさに物質との対話。じっくり取り組むことにより、少しずつその新たな一面が見えてきます。

講師 松井 裕章
講師 松井 裕章
Hiroaki MATSUI

明確な夢は経験を積み重ねることで見えてくる。明日に向かって挑戦しよう。


講師 横田 知之
講師 横田 知之
Tomoyuki YOKOTA

常に新しいことにチャレンジし続ける精神を大切に。


Motoichi OHTSU
(量子フォトニクス)
Kazuo KIKUCHI
(フォトニクス & ワイヤレス)
Yoshiaki NAKANO
(量子フォトニクス)

准教授 八井 崇
Takashi YATSUI
(量子フォトニクス)
准教授 種村 拓夫
Takuo TANEMURA
(量子フォトニクス)