システム・エレクトロニクスとフォトニクス&ワイヤレス

lab05

システム・エレクトロニクス

人間のように、見る・聴く・考える半導体チップ。
そんな先進技術もこの分野の研究領域です。
私たちは、ハード・ソフトの両面からまったく新しい電子システムの課題に取り組みます。

システム・エレクトロニクスは、物性やデバイス・電磁気といった物理的な側面と、回路・アーキテクチャ・ソフトウェアといった情報的な側面の両面から成り立つ科学技術です。家電や携帯電話、自動車に人工衛星等々、システム・エレクトロニクスの成果は既に社会の隅々にまで浸透しています。

例えば、この分野で研究開発している3次元LSIや通信技術は、近い将来皆さんの手のひらの上で膨大な情報を記憶・処理し、またミリ波無線通信LSIは近い将来、家庭内の機器同士、そしてそれらを世界とつなぐネットワークの主役になっているでしょう。

画像の特徴抽出や高感度のセンサ技術は既にデジタルカメラなどにも応用されつつあり、今後は医療現場での診断の補助から自動車の自動運転補助に至るまでその応用分野を広げていきます。3次元取得向けスマートイメージセンサは、3次元影像の記録再生用途はもちろん、ロボットビジョンやジェスチャ解析などの、対象を認識・理解するための技術へと発展していくでしょう。

また、それら複雑多岐に渡る電子システムをデザインする手法や、デザインを検証する手法は、ますます広く用いられていくことになるでしょう。 現代社会は、安全安心かつ信頼できるシステムを求めています。この大きな課題は様々な形で皆さんの研究に関連してきます。この分野では、こうした未来の夢に立ち向かうための教育・研究を進めます。

いつか、自分の手で生み出したアーキテクチャやアルゴリズム、回路やデバイス構造が実用化され、世界中の人々に使われる日が来るかもしれません。

武田先端知スーパークリーンルームにおける最先端の微細加工装置を駆使することで、マイクロ電子機械構造体を試作し多岐にわたる新機能を実現する
プログラム可能ハードウェアを用いて処理に適した設計を行うことにより、スーパーコンピュータ並みの性能を持つ低コスト・低消費電力なシステムを実現することができる
最先端プロセス技術を用いて実現された数多くの研究成果:半導体基板上に集積された高性能・高機能回路とそれらの評価・実証の様子

lab06

フォトニクス&ワイヤレス

光波や電磁波には、情報を伝送するはたらきとともにセンサやレーダとして外界の情報を得る力があります。
光や電磁波が獲得する情報を、どう取り入れどう伝えるか。
物理と数理の両面を基礎に考えていきます。

皆さんが使っている携帯電話は、電磁波を使って無線通信を行います。また、最近は家庭にも光波を用いた光ファイバ通信が普及しています。1895年にマルコーニがワイヤレス電信を発明して以来、人類はより効率の高い通信を求め、より高い周波数の電磁波つまりギガヘルツ以上のマイクロ波帯や、テラヘルツ以上の光波の領域を開拓してきました。

その一方で、光波や電磁波は、世の中の様々な情報を獲得すること、つまりセンシングにも使われています。例えば、体を傷つけないで体内を見る医療分野や気象・地震の観測、防犯や交通システムでも活躍しています。

これらのセンシング技術では、光や電磁波から必要な情報を上手に素早く取り出す必要があります。また得られた情報を、私たちが使い易いように加工し、柔軟に結び付けて統合し、賢く判断することも要求されます。

こうして初めて、人間には気づけないものを感知し、的確に伝えることができるのです。

そのような素晴らしい機能は現代の「手品」とも呼べるものです。しかし、手品にはタネとシカケが必要です。タネとはモノのあり方、つまり物理です。シカケはコトのあり方、すなわち数理です。このタネとシカケが、新しいアイデアの基礎になります。

この分野では、手品のように画期的な新機能を実現するため、フォトニクスやワイヤレスといった物理と柔軟な数理を基礎とした、情報通信システムやセンシング・信号処理システムのアイデアを生み出し、それを実現するための教育研究に深く取り組んでいます。私たちと一緒にハードからソフトまで勉強し、あなたらしい手品のタネとシカケを育ててみませんか?

光ファイバに独自技術を加えて痛みの分かる材料・構造物を実現する
やわらかな、やさしい電波を生み出して、コミュニケーション環境をより快適にする
フォトニクスによる生体イメージング:光を巧みに創り操ることで、生体内部を可視化する

教授 浅田邦博
Kunihiro ASADA

新しい世界の開拓は学んだことをすべて疑うことから始めましょう。

教授 池田 誠
教授 池田 誠
Makoto IKEDA

将来の頭脳を創るためのパズルを一緒に解いてみませんか?

教授 藤田 昌宏
Masahiro FUJITA

コンピュータサイエンスと電子工学が融合した技術を使って研究しています。

教授 廣瀬 明
教授 廣瀬 明
Akira HIROSE

研究で、思う存分楽しいことができ、さらに人も幸せにできれば、最高です。

教授 松橋 隆治
Matsuhashi Ryuji

本分野確立には若手研究者のエネルギーが必要です。共に取り組みましょう。

教授 山下真司
Shinji YAMASHITA

研究はこんなふうに進みます。暗中模索→温故知新→創意工夫→前人未到

准教授 飯塚哲也
准教授 飯塚 哲也
Tetsuya IIZUKA

学び、考え、最先端の研究を楽しみましょう。そして充実した学生生活を。

准教授 小関 泰之
准教授 小関 泰之
Yasuyuki OZEKI

電子工学を武器として、物理学と生物学の境界領域を開拓しましょう。

准教授 名倉 徹
准教授 名倉 徹
Tohru NAKURA

趣味はバドミントンと読書。
好きな言葉:技術は「愛」だ。

准教授 三田吉郎
准教授 三田 吉郎
Yoshio MITA

知的・独創的・積極的・国際的な充実した学生生活を約束しよう。

講師 夏秋 嶺
講師 夏秋 嶺
Ryo NATSUAKI

目に見えない電波が多様に活躍する研究をしています。

Yoshiaki NAKANO
(量子フォトニクス)
Hiroyuki MORIKAWA
(ネットワーク)
准教授 種村 拓夫
Takuo TANEMURA
(量子フォトニクス)
MENU