メディア・コンテンツと知能インタフェース

lab01

メディア・コンテンツ

コンピュータは人間性を阻害するものではありません。
技術がもっと進化すれば、人の心を豊かにする情報化社会はできるはずです。
私たちが考えるのは、そのための自由で柔軟な方法論です。

いま人々が求めているのは、技術革新がもたらす熾烈な競争社会ではありません。人が心豊かに暮らせる社会です。心の豊かさは工学とは無縁のものと感じるかもしれません。しかし、効率化・高速化を極めて超人的な計算能力を手にすることだけが技術の進歩ではないはずです。この分野は、これまでの競争的な技術革新とは一線を画す新たな方向性として、「心の豊かさ」を生み出す技術を追求しています。日本のゲームやアニメが世界を席巻しているのはご存知の通りですが、諸外国よりも少子高齢化が進む日本では、老若男女を問わないメディアの活用、子どもたちの心の教育などに関するニーズが既に高まってきています。日本発の技術が世界に先んじて問題を解決していけば、それがいずれは世界標準になる。この分野では日本主導型の技術革新をめざしています。

リアル×バーチャル:例えば、コンピュータが作り出すバーチャルな世界。バーチャルとは本来「実際に存在しなくとも実効的に同じ役割を果たす」という意味であって、物事の本質を見極める学問です。それがどこかネガティブな意味にとられるようになっているのは、まだ技術が成熟していないためです。この分野では、バーチャルとリアルの融合をテーマに、真に人々が望む技術のあり方を探究しています。

技術×アート:技術とアートとの関わりもこの分野のテーマ。魔法のような先端技術は、人々の常識を覆し、心に響く力を持っています。ルネッサンス以降、それぞれの道を歩んできた技術と芸術が、再び歩み寄る時が来ました。先端技術だからこそ可能になる新たな芸術表現や感性・情動と技術の融合をめざしています。

ヒューマン×コンピューティング:計算そのものを目的化せずに、情報活動をデザインする、人にやさしいインタフェースをつくる、直感的な判断を行うシステムをつくるなど、人を中心に見据えた技術分野です。当然、その根底を支えるのは最先端の情報処理理論と技術です。

画素単位での可視光通信を実現するテーブル型ディスプレイ「EmiTable」
満足できる体験をしたい、納得のいく写真をとりたいなどを支援する行動・メディア生成ナビゲーション
メディア・コンテンツラボがカバーする研究領域

lab02

知能インタフェース

計算機と人間を一つのシステムととらえてみる。
すると、いま私たちが追求すべき技術のあり方が見えてくる。
脳科学から情報技術まで多彩な知見から新たな構想を生み、その構想を実現化する思考回路を育みます。

人工知能技術の進展により、情報技術が人々の生活を大きく変えようとしています。しかし実際には、人間の無意識な記憶に基づいた柔軟な判断力など、人間が得意とする側面については、未だ足元にも及びません。

この未開の領域に対し、この分野は、大きく二つの方向からアプローチしています。一つは、人間の情報処理の原理を解き明かして理論構築し、コンピュータに実装すること。昨今の脳科学や認知科学では、常識が非常識となり非常識が常識となる劇的な進展が起こっています。そうした知見をいち早く取り入れることによって、例えば快・不快までも感覚する新しいコンピュータをめざすことも可能です。

一方、「現時点のコンピュータ」と「人間」という異種の情報処理体が共存するシステムをどのようにデザインし、気の利いたインタフェースを構築するのか、という問いを立てるのも一つの選択肢です。五感に対応するセンサーをコンピュータに授け、「コンピュータ+ 人間」というシステム全体をデザインすることも可能です。

私たちは、高速・高度化するコンピュータ環境や、Webをはじめ爆発的に増殖する情報コンテンツといった物的側面とともに、それらを操る人間の認知的・心的側面にも広く目を向けます。そして「コンピュータ+人間」を一つのシステムとして考えた場合に、コンピュータの情報処理をどのように実装するのか、それを人間とどのように繋ぐのか、そして最終的には両者の情報交換をどのように実現すればシステム全体の評価関数を最大化できるのか、という問いを常に追求しています。研究を進める上でまず大切なことは、最終的なゴールを常に意識した上で「今、何をすべきか、そのためにはどんな技術を実現すべきか?」という思考回路を持つことです。この分野では、個々の研究プロジェクトが少しずつ異なるゴールを持ち、そのゴールを実現するための努力を日々重ねています。

CALL(Computer Aided Language Learning)目標となる発音データと、学習者の発音のずれを分析する事で、効率的な発音学習を可能にする。
進化型ロボットによる協調搬送作業のようす。
発振回路の自動設計。

教授 相澤清晴
Kiyoharu AIZAWA

がんばりすぎず、あきらめず。

教授 伊庭斉志
Hitoshi IBA

水中ナチュラリストを目指す。研究でも共生と多様性の視点を欠かさない。

准教授 苗村 健
教授 苗村 健
Takeshi NAEMURA

座右の銘:「鳴かぬなら鳴かせてみよう不如帰」「ゆっくり急げ」「時は加速する」

准教授 峯松信明
Nobuaki MINEMATSU

自分らしい問いを立て、自分らしい解き方で攻める。研究は、自己表現です。

准教授 川原 圭博
准教授 川原 圭博
Yoshihiro KAWAHARA

小さな計画は立てず、でっかいことを考え、そしてまずやってみる。

准教授 鶴岡慶雅
准教授 鶴岡 慶雅
Yoshimasa TSURUOKA

プログラミングに興味あり?
「賢い」コンピュータを作ってみよう!

准教授 矢谷 浩司
准教授 矢谷 浩司
Koji YATANI

Think deeply, do broadly.

准教授 山崎俊彦
准教授 山崎 俊彦
Toshihiko YAMASAKI

一所懸命に一生懸命。勉強も遊びも恋愛も全力でやりましょう。

講師 齋藤大輔
講師 齋藤 大輔
Daisuke SAITO

技術を使う側から作る側へ。
社会の知の更新に貢献しよう。

教授 廣瀬 明
Akira HIROSE
(フォトニクス&ワイヤレス)

メディアコンテンツ特別講義担当

教授 喜連川 優
Masaru KITSUREGAWA
准教授 佐藤 洋一
Yoichi SATO
MENU