全体Q&A

Q1: 電子情報工学科・電気電子工学科、それぞれどんな人に向いていますか?

電子情報工学科は主に情報系、電気電子工学科は主に物理系の科学と技術に関心のある人にお勧めです。どちらを選んでも両方を深く学ぶことができるようになっていますし、どちらか一方だけに専念することもできます。いずれにしても、これまでの苦手意識は忘れてください。社会では何が必要とされているのかというゴールを見据えながら、それに直結した学問をあらためて基礎から習得していくことができるようになっています。

「メディア情報・コンテンツ・人間」「コンピュータ・ネットワーク」などへの関心が強ければ電子情報工学科が、「ナノ物理・光量子・バイオ」「エネルギー・環境・宇宙」などへの関心が強ければ電気電子工学科がお勧めです。さらに「システム・エレクトロニクス」分野へはいずれからもアプローチできます。

ページトップへ

Q2: 電子情報工学科・電気電子工学科、カリキュラムはどう違いますか?

最初の2年冬学期はまったく同じ時間割になっており、意欲があれば両方の科目をすべて履修することができます。広く履修して将来の可能性を残すのも、興味ある分野を集中的に学ぶのも自由です。

3年夏学期からは、引き続きほとんど同じ時間割ですが、月曜2限(アルゴリズム/電気機器学基礎)・火曜2限(信号処理工学/電子物性基礎)・金曜3限(離散数学/数学2D)だけは2科目が同時限に開講され、どちらか一方の科目を選ぶことになります。それ以外は実験も含め電子情報工学科・電気電子工学科一緒に学んでいきます。

3年冬学期からはQ3の5つの履修プランを選択し、ほとんどの時間に複数の講義が開講され、さらに深く学んでいくことになります。

注意が必要なのは、必修科目・限定選択科目・標準選択科目の設定が異なっている点です。必修科目は単位を落とすと卒論研究室に配属されません。限定選択科目は、多数の指定科目の中からいくつか選んで学ぶ必要がある「お勧め科目」です。標準選択科目の履修は自由です。例えば2年冬学期では、ソフトウェアⅡ(電子情報必修、電気電子限定選択)と電気磁気学Ⅱ(電子情報限定選択、電気電子必修)および、情報通信理論・信号解析基礎(電子情報限定選択、電気電子標準選択)、電子基礎物理・エネルギー工学(電子情報標準選択、電気電子限定選択)という違いがあります。

ページトップへ

Q3: 5つの履修プランはどう違いますか?

3年冬学期には、5つの履修プランを選択し、より深く学びます。それぞれの履修プランは主に以下のラボの教員が教育を担当しています。

  • メディア・コンテンツラボ、知能インタフェースラボ
  • ネットワークラボ、コンピューティングラボ
  • システム・エレクトロニクスラボ、フォトニクス&ワイヤレスラボ
  • 量子フォトニクスラボ、ナノ物理・デバイスラボ
  • プラズマ・エネルギーフロンティアラボ、エネルギーシステム・制御ラボ

各コースとも、対応するラボの教員が担当する科目を中心に限定選択科目が設定されています。ただし複数のラボに重複する科目も多数あります。この履修プランは卒業のための単位の揃え方を定めるものであって、他のコースの科目が学べなくなるというものではありません。

ページトップへ

Q4: 履修プランは自由に選べますか?

進学振り分けで電子情報工学科を選択した人は、下記の中から自由に1つの履修プランを選択することができます。

  • メディア情報・コンテンツ・人間
  • コンピュータ・ネットワーク
  • システム・エレクトロニクス

また電気電子工学科を選択した人は、下記の中から自由に1つの履修プランを選択することができます。

  • システム・エレクトロニクス
  • ナノ物理・光量子・バイオ
  • エネルギー・環境・宇宙

システム・エレクトロニクスは、情報系と物理系の融合分野になっています。各履修プランには進学振り分けの時のような定員枠はありません。全員が希望通りの履修プランを選択することができます。

ページトップへ

Q5: 卒業研究のテーマは自由に選べますか?

はい、自由に選ぶことができます。進学振り分けでいずれの学科であっても、どの履修プランで単位を揃えていても、卒業論文の研究室の選択は自由だということです。もちろんそのためには自分の選択したコース以外にも広く学んでおいた方が安心ではあります。しかし、それぞれ違った得意分野を持った人々が集うことこそが、新たな研究領域を生み出していく原動力となり得るのです。遠慮は要りません。

ただし、卒論研究室配属には定員の上限があります。少人数できめ細かい指導を行うことを第一に考えてのことです。したがって、定員オーバーの研究室を希望した場合には、第2希望・第3希望への配属になる場合があります。

どの研究室に進んでも、各分野における世界の最先端に触れることができます。多くの卒論生が学会発表レベルの成果を上げているのも本学科の特色です。

ページトップへ

Q6: 実験はたいへんですか?

ラクチンで退屈ということはなく、達成感がある程度にたいへんです。電子・情報系の学生実験は3年生で週3回ありますが、ほとんどの課題は13-16時の3時間で終えられるよう設計されています。まったく経験がないことを前提に系統的に作られていますので、心配することはありません。後期になると、各教員がそれぞれの研究テーマのエッセンスを詰め込んだ実践的な課題にチャレンジすることができます。自分の頭で考えることが研究者への第一歩ですので、意図的にそうしています。そのうち指示がない方が楽しめるようになっていくでしょう。

ただし、実験内容は予習をしてきていることを前提に設計されています。まったく予習をせずに臨んで時間内に終わらせるのは容易ではありません。好奇心を持って、授業で学習したことを実感しながら実験に取り組めば、時間内に終わる素直な課題ばかりで、得るものも多いでしょう。

4年生になって卒業論文の研究が始まると、各研究室で最先端の装置を使った実験ができるようになります。きっと皆さんも研究テーマに魅せられ、寝食を忘れて実験に取り組んでしまうことでしょう。

進学ガイダンスブック:学生実験・演習

ページトップへ

Q7: 学科はどんな雰囲気ですか?

電子・情報系には、ほどよくポジティブ思考で、柔軟でありながら切れ味鋭い、魅力的な仲間が集まります。進学後も、実験などを通じて異なるコースの仲間と接する機会が失われないようになっています。得意分野がほどよく異なる仲間は、お互いに理解し合える距離感覚で、力を合わせて1人では成し得ないことに取り組んでいける、人生の財産になります。友人との関係も大きく変わってくるでしょう。

また、実験や講義では1人1台ずつノートパソコンが配布され、無線LAN環境が整った教室で学んでいくことになります。3年生から水曜午後の企業見学が始まり、夏休みや春休みの見学旅行や4年夏休みの企業研修など、社会との接点も多数用意されています。いろいろな場面で新鮮な驚きがあることでしょう。

さらに教員とは、これまでの「先生と生徒」という関係ではなく、将来に渡って一緒に未来を開拓していく同志という関係になります。教員の存在をぐっと身近に感じることでしょう。特に学科ではコンタクトグループという制度が設けられており、学生4~5名に1~2名の教員が相談役としてつきます。また各履修プランにはそれぞれ担当の履修相談役の教員がいます。分からないことがあれば遠慮なく相談してください。

ページトップへ

Q8: 卒業生の進路について教えてください

就職に困ることは皆無です。現代の基礎技術を網羅的に習得した皆さんは、これから起こり得るさまざまな変化に柔軟に対応できる即戦力として、社会が必要としている人材なのです。加えて、明治6年以来の歴史を持つ当学科では、社会の至るところでOB・OGが活躍しています。この圧倒的な人脈は就職後にも必ず役立ちます。

就職先は、電機メーカー・通信各社に留まらず、官公庁・自動車・鉄道・エネルギー・金融・マスコミ・コンサルタント・商社など多岐に渡っています。

なお、卒業生のほとんどは大学院修士課程(情報理工学系研究科/学際情報学府/工学系研究科/新領域創成科学研究科)に進学します。進学振り分けコースや履修プランによる制約はありませんので、新たな希望分野に挑むことができます。大学院では、本郷キャンパスだけでなく、生産技術研究所(IIS)・先端科学技術研究センター(RCAST)・国立情報学研究所(NII)・宇宙航空研究開発機構(JAXA)などの新天地への展開も可能です。修士課程修了後に博士課程に進学し、世界的な研究者になる人も多数います。

ページトップへ

MENU