ニュース

ニュース [学科のアクティビティ]

情報理工学系研究科 電子情報学専攻 川原研究室の李 東池さん(M2)らが、The 2018 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing(Ubicomp 2018)において「Origami Robots with Flexible Circuit Sheets」という題目でデモ発表を行い、Best Demo Awardを受賞しました。
2018.10.10

情報理工学系研究科 電子情報学専攻 川原研究室の李 東池さん(M2)、斉藤 一哉さん(特任講師)、梅舘 拓也さん(特任講師)、タ デゥック トゥンさん(D3)、川原 圭博准教授らが、The 2018 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing(Ubicomp 2018)において「Origami Robots with Flexible Circuit Sheets」という題目でデモ発表を行い、Best Demo Awardを受賞しました。

<受賞された研究・活動について>
近年、ロボットの分野では計算機折紙の知見とSelf-Folding(自己折り)の技術を組み合わせた様々な折紙ロボットが提案されているが、それらは多くの場合、製造プロセスが複雑で量産化が難しい。本研究では、低エネルギー・低コストで生産可能な折紙歩行ロボットを実装した。このロボットは市販のフレキシブル印刷回路基板であるP-Flex™と形状記憶合金によって作製され、イモムシのように這行して移動する。

<リンク>
http://ubicomp.org/ubicomp2018/index.html

award

award

ニューストップに戻る

MENU