現役学生の声

駒場時代とここが変わった!電気式本郷生活

2012年度3年生は底点が比較的高かったせいか(?)活きがいいとの噂あり。
その中でも指折りの個性派たちが語り合った、本郷キャンパスの刺激的な毎日。駒場の頃より、ここが面白い!

すごい人がいる。

  • 島津::
  • 学年によって雰囲気は変わるけど、この学科にはすごい先輩がいるよね。2つ上の学年なんか起業しまくってたり。
  • 石渡::
  • うちの代もすごいですよ。この島津は日本のロボット界を背負って立つRoboTechの回路班の班長だし、部長も副部長もこの学科。
  • 陶山::
  • 特定の分野にものすごく長けた人たちがいっぱいいる。『何だこの人たち』と思うくらい。
  • 石渡::
  • この学科だと人数が多くて、それぞれ得意分野が違うので、この分野のことがわからないという時には誰かに助けを求められる。俺は文系出身だけど、みんなに支えられたおかげで3年生になれた。
  • 中村::
  • 勉強してるよね、みんな。駒場時代は頑張ってると『なに頑張っちゃってるの』みたいな目で見られたり、下ネタばかり言ってる奴が評価されてたりしてたけど、学科では頑張れば頑張るほど周りから頼られて、神と呼ばれたりする。だからやる気が出ます。
  • 島津::
  • 確かに、やれば評価は上がるよな。

実験が面白い。

  • 島津::
  • やっぱり実験はコマ数が一番多くて印象的。特に6学期は実践的な内容が多くて大変だったけど結構楽しかった。
  • 石渡::
  • 情報系の実験はパソコン1台でできるから4時には確実に終わるんだけど、家でもやったりして、楽ではないよね。あと、実験はチームでやることが多いので、一緒にやった人と仲良くなれる。
  • 中村::
  • コンパイラ実験なんてパートナーとどれだけ一緒にいることになるか。
  • 石渡::
  • 恋人より一緒にいるよね。夜中まで一緒にやってた相方のところに彼女から電話がかかってきて、痴話ゲンカになってたことも(笑)。
  • 吉田::
  • プライベートにも支障が(笑)。
  • 石渡::
  • 実験が終わると仲直り。前より仲良くなって、実験のおかげで恋もうまくいくと(笑)。
  • 島津::
  • 記憶に残ってるのはCPUを作る実験。ここまでできた人はいないって聞いてたことができて、誰もできないだろうといい気になってたら、他にもできた人が普通にいて『ごめんなさい』みたいな。
  • 石渡::
  • なんて簡単そうに言ってるけど、常人のレベルを超えた話ですから(笑)。彼氏が万能だと辛くない?
  • 吉田::
  • (笑)すごいと思います。

「先人の知恵」に助けられている。

  • 島津::
  • 実験で自分がやった内容は学科のWikiやファイル共有システムでみんなに情報共有してる。過去の蓄積がある分、駒場時代より情報が厚いです。
  • 石渡::
  • できる人はその知識を大衆のためにどんどん使ってくれないと(笑)。
  • 島津::
  • 自分が困った時に助けて欲しいからやってるんだけどね。
  • 中村::
  • 俺は入試も国語と英語で入ったようなものだから、この学科だと全部苦手科目で戦うしかない。なので、奥の手を使う。
  • 石渡::
  • それを僕たちは『先人の知恵を借りる』という言い方をしていて(笑)。
  • 島津::
  • もちろん、一応理解はしようとするよね。完全にわからない時に丸写しするのは抵抗があるから。
  • 中村::
  • そういう時は出さない。その代わりに出す謝罪文を用意してある。
  • 石渡::
  • 何それ?共有してよ(笑)。

やっぱり将来のことも考える。

  • 吉田::
  • 私は、毎週水曜にやっていた工場見学が印象に残っています。
  • 島津::
  • 意外な企業が世界レベルの技術を持っているとか、発見がある。
  • 石渡::
  • いろいろな企業で活躍しているOBが案内してくれる。この学科はそこが有利なんじゃないかな。
  • 陶山::
  • 就活で企業説明会に行くよりもちょっとゆるい感じで裏話が聴けたので、働くというイメージが湧きました。でも今のところは、こんなところで働けたらカッコいいなと思う程度で。
  • 吉田::
  • 私も就職は考えたけど、やっぱり院に行って、研究したことを就職後にも役立てられたらいいかな、と。
  • 中村::
  • 俺はアメリカの大学院に書類だけは出すつもり。アジア人の受け入れは厳しいみたいだけど。
  • 石渡::
  • 俺はここの大学院の研究が面白そうだと思って理転してきたから、これから始まる研究室生活にものすごく期待してます!

タテの人間関係が広がった。

  • 石渡::
  • 女子で工学部って、親戚のおじさんとかに不自然に思われたりするの?
  • 吉田::
  • 驚かれることはある。就活でも驚かれるけど、それはメリットかなと思います。
  • 石渡::
  • 印象には残るよね。
  • 中村::
  • みんなかわいいもんな。
  • 陶山::
  • 女子は圧倒的に少ないけど、そういうことを気にしない人が来るのかな。それに、少ない分、上の女性の先輩たちと話せる。
  • 吉田::
  • 縦のつながりができますね。あと、女子だと勉強ができる人たちに教えてもらえる(笑)。
  • 島津::
  • それと、この学科は先生が教育熱心。他学科の授業より面白いって声が明らかに多いし、先生の教える意欲が高い気がする。
  • 中村::
  • 本郷では学生は先生にとって戦力になる存在。その分本気で教えてくれますし、講義・学術以外の交流もあります。
  • 石渡::
  • 鮎葉は先生にお願いして、絶対にサボっちゃいけない実験を休んでアメリカのゲームの大会に行った。そしてちゃんと単位をもらいました(笑)。

即戦力になれる。

  • 吉田::
  • 進振りを考える時は、情報誌の評価を鵜呑みにしてはいけないかも。
  • 中村::
  • 今年は工学部がひたすら悪く書かれてて、皆がそれに振り回されて底点が変わるのが癪。学生はもうちょっと産業界の状況を自分の目で見て考えた方がいいと思う。電気機械は即戦力になるから社会でも欲しがられます。電気の知識があると私生活から変わりますからね。たとえば電子機器を品定めする時も騙されない。
  • 吉田::
  • 人による気はするけど(笑)。確かに、情報強者にはなる。
  • 島津::
  • 優秀な人たちは理学部に行くってイメージがあるけど、工学的な人まで行っている気がする。
  • 中村::
  • 新しいモノを創ることと宇宙の真理を見つけることは別ですから。
  • 石渡::
  • 実際に見学に来てくれればここの良さはわかります。
  • 中村::
  • 学生の顔色を見るだけで違いますよ。