Secure Life Electronics アクチュエーション研究コア 機能デバイス・マテリアル研究コア 情報処理・ネットワーク研究コア センシング研究コア

TOP > GCOE概要 > 研究活動計画

コンテンツメニュー

GCOE概要

推奨環境
Windows XP:Internet Explorer6.0以上/Firefox2.0以上/Netscape7.0以上
Mac OS X:Safari1.0以上/Firefox2.0以上

センシング研究コア

■重点テーマ代表者: 保立和夫
■コーディネータ: 廣瀬 明
■研究担当者: 保立和夫,浅田邦博,藤田博之,日高邦彦*,齋藤宏文,田畑仁,廣瀬 明,年吉 洋*,山下真司,何 祖源,池田 誠*,熊田亜紀子*,飯塚哲也,松井裕章,橋本樹明 (順不同,*は兼坦のメンバー)

 センサおよびセンシング技術の研究は、セキュアライフ・エレクトロニクス研究の出発点・原点であり、また同時にセキュアライフを実現するための具体的な可能性を開拓する応用・実用の最前線でもあります。
 センシング研究コアでは、セキュアライフを実現するためのセンシングデバイスとセンシングシステムの研究を推進し、人間社会が要求するさまざまな情報取得要求に応える科学技術の研究開発を展開しています。交通システムや建築物などの安全性の確保、人間の生命・健康の維持管理、省エネルギー、地域あるいは全地球規模の環境の保全、災害対処や危機管理など、現代社会ではさまざまな場面でセンサおよびセンシング技術が不可欠です。そして生活や人生の質の向上に対する意識が急激に高まる中で、社会の要求はますます高度化・多様化しています。本研究コアは、多様な専門性をもつ各メンバー独特の優れたセンサ設計・作製技術、センシングシステム構築技術、信号処理・判断技術などを駆使することによって、高機能なあるいは新機能のセンサおよびセンシングシステムの開発を目指しています。



TOP縺ク